ここでは、筆者が甘夏栽培にチャレンジするぞ!チャレンジと言っても現状、筆者の主力事業ともいえる。
筆者の実家の耕作放棄地を借りて甘夏みかんの生産・販売を行うぞ。
初年度はテスト栽培で、次年度から本格栽培だ(・ω・)ノ

当農園について

柑橘の種類      甘夏みかん その他、晩白柚・八朔・ザボンも少数あり
面積約20アール(2000m2)
樹木の本数130本程(甘夏みかん)
樹齢50年以上 
住所熊本県八代市敷川内町
お問い合わせメニュー欄のお問い合わせフォームよりお願いいたします

当農園の特徴と栽培方法について

 当農園は熊本県八代市の山間部に位置しております。祖父の代に植樹しているため、木々の樹齢は50年を超えていると思われます。残念ながら祖父が亡くなって10年以上経ちますので、木々の正確な樹齢はわかりません。また、樹齢が高齢でありながら長らく耕作放棄地となっていたため、木々の一部は枯れてしまっているものもありましたが、伐採やせん定、除草などで対応し、現在は栽培できる環境が整っております。
 当農園の甘夏みかんの樹形は一般的な柑橘類の樹形と異なり、上部に果実を生らせる樹形をとっております。これは、シカによる被害が多発し、樹木の下部は新芽が食べられてしまいますので、意図的に上部にかけ果実を生らせるようにしているためです。
 当農園の甘夏みかんは、消費者の皆様へ安心安全をお届けするため農薬不使用で栽培を行っております。農薬不使用は消費者の皆様にとっては安心安全な食べ物と言えますが、一方、樹木にとっては、病気や害虫の発生リスクが大きい栽培方法となり、果実の品質にも悪影響を及ぼす恐れもあります。
 しかし、当農園の場合、上記でも触れているように一般的な柑橘農園と異なり、枯れ木の伐採により、樹木同士の間隔が広いうえ、樹形も樹木の上部に果実を生らせる形をしています。このおかげで、非常に風通しが良い栽培環境となっており、病害虫のリスクを低減してくれています。また、場所が山間部に位置しているため、台風や強風による被害が少なく、通常甘夏みかんでは行わない果実の袋がけが容易で、農薬不使用で高品質の甘夏みかんの栽培が期待できます。

【農林水産省新ガイドラインによる表示】
 特別栽培農産物 (予定)
 農 薬:栽培期間中不使用
 化学肥料(窒素成分):当地比5割減 (予定)

今後の展開について

 これまで耕作放棄地としての期間が長かったこともあり、本年度は、次年度に向けての土づくりを行いながら、果実の糖・酸度の確認などのテスト栽培を行っております。栽培に関するご報告は、下記の”よっちゃんの甘夏日誌”で日々ご報告させていただきます。2年目以降は本格的な栽培・収穫・販売を考えております。収穫後の販売に関しましては、ECサイト”食べチョク”を活用し、農薬不使用で高品質の甘夏みかんを消費者の皆様へ直でお届けしたいと考えております。

2021.10.16

🍊よっちゃんの甘夏日誌📖🖊

新規就農者の方必見!肥料焼けの怖さを観葉植物パキラで実体験、その症例をご紹介

今回は農作物にかかわる方に知っておいてほしい肥料焼けについてお話します。筆者も農業に携わる以前に室内で育てていた観葉植物のパキラを肥料焼けで枯らしてしまった経験があります。ただ、枯れるまでは、原因がわからず適切な対処がで […]

甘夏栽培管理状況のご紹介(4月~9月編)

甘夏栽培の作業状況をご紹介します。4月から9月の半年分です。本来なら都度ご紹介したかったのですが、筆者のブログの準備が整わず、まとめてのご紹介となります。この時期の主な作業は、除草、夏枝の剪定、摘果、施肥、袋掛けとなりま […]

甘夏栽培に挑戦!

本年度から甘夏栽培に挑戦します。元々、実家が兼業農家で祖父の代に甘夏ミカンを作っていましたが、祖父が亡くなり10年、ミカン畑は、そのまま耕作放棄地となっていました。父が定年退職後は、ミカン畑の除草作業はやっていたようで、 […]