【軽トラ】ハイゼットジャンボは農業だけでなく普段使いにもおススメ

 筆者が農業で使用する目的で購入した(カーリース契約)ダイハツハイゼットジャンボ。ダイハツハイゼットジャンボは一般的な軽トラックのダイハツハイゼットトラックに比べ車内の上部空間が広く座席の後方を広げたことでリクライニングができたりと乗用車感覚で運転できる軽トラックです。
 そんなハイゼットジャンボに2021年12月にビッグマイナーチェンジが行われましたが、もはやかつての軽トラックのイメージはありません。もちろんハイゼットシリーズにも不要な装備を外し価格を抑えたグレードもありますが、メーカーも普段使いを意識した、多彩なオプションを揃えています。今回は、筆者が、ダイハツオリジナルアクセサリーでカスタムしたハイゼットジャンボをご紹介します。

 下記にダイハツオリジナルアクセサリーのWEBカタログのリンクを貼っておきます。マイナーチェンジ前と比べてもさらにカスタムのバリエーションが増えました。参考になさってください。

出典:Webカタログ ハイゼット トラック アクセサリー カタログ【ダイハツ】 (daihatsu.co.jp)

コーディネートポイントのご紹介

 カラーは新色ということもあり赤色のファイヤークオーツレッドメタリックにしました。赤には黒が似合うと思いメッキ類は黒系統に交換しました。フォグランプ(ガンメタ)、ヘッドランプガーニッシュ(ブラックメッキ)、ドアミラーガーニッシュ(ブラックメッキ)、ナンバーフレーム(ダークブラックメッキ)、荷台マット・ゲートプロテクター(黒)、工具箱(黒)など要所を黒系統に変更・追加し赤のボデーカラーが引き立つようなコーディネートを行いました。
 ホイールは純正アルミホイールです。マイナーチェンジ前も選べたんですが、マイナーチェンジ後はよりおしゃれなデザインに変更されています。また今回から2種類のホイールキャップも選べるようになりました。田畑に乗り入れされる方は、通常のスチールホイールがいいと思いますが、街乗りされる方はアルミホイールがおススメです。
 車内は本革風シートカバーに木目調パネル、LEDフロアイルミネーションなんかもつけて、ラグジュアリー感を演出。。。なんだか農家さんに怒られそうな仕様なのですが、筆者は軽トラの概念を変えたかったので今回思い切りました。
 あと、個人的な要望なのですがピックアップトラックみたいに荷台にオプションでトノカバーが欲しいところです。メーカーも軽トラに普段使いができる役割を担ってもらおうという意識が伝わってくるのですが荷台がどうしてもガラ空きです。雨風除けのトノカバーがあると利便性が一気に向上しそうです。

気になるお値段はいくら?

 金額はジャンボなので車両本体価格が150万円弱、純正オプション、アクセサリーが30万円強で総額180万円位でした。カーリース契約だったため、正確な車両総額ではありませんが、おおよそこの位だと思います。余計な装備を外した軽トラは100万円を切るため、軽トラにしてはかなり高額ではありますが、最近の軽自動車で比較すると割と妥当な金額なのではないでしょうか。カスタムすると街乗りも全然行けますので、多少金額はかかっても普段使いを意識して純正パーツでカスタムするのもアリだといえます。

ハイゼットジャンボは買いか?

 北米では普段使いに荷台に荷物を載せることができるピックアップトラックが主流です。日本で購入できるピックアップトラックといえばトヨタのハイラックスがあります。全幅は1,855㎜と割と現実的な車幅(それでもでかい)ですが全長は5mを優に超え、なんと5,335㎜もあります。新型センチュリーと同じです。逆に新型センチュリーってこんなでかいんだと思ってしまいましたが…。とにかくピックアップトラックは荷台に荷物を載せることができて大変便利なのですが日本ではでかすぎるのです。そこに登場したのが新型ハイゼットジャンボといえます。新型ハイゼットジャンボは軽トラでありながら純正オプションや純正アクセサリーでカスタムしただけで、普通の軽自動車と変わらないばかりか、カスタム次第では高級車にすら見えます。しかも特筆すべき点は荷台の床面積は5mオーバーのハイラックスとほとんど変わらないということです。荷物を載せて、ぬかるんだ田畑でも狭い山道でも険しいオフロードでも使えて、長距離や街乗りもできる。最高の車と言えます。唯一の欠点「2人乗り」を除けば…ですが。ただ、この「2人乗り」を割り切ることができれば、自家用車として選択する価値は十分にある車だと思いました。

今回のハイゼットジャンボYouTubeでも配信してます

 今回のハイゼットジャンボの紹介動画をYouTubeでも配信していますので、良かったらチェックお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。