ソフトバンクグループ株爆上がり中‼

これまで下落を続けていたソフトバンクグループ株が、やっと反転したようです。首相退陣表明後、日経平均が急騰、日経平均以上に下げがきつかったソフトバンクグループ株はこれまでのうっぷんを晴らすかのように怒涛の如く上昇しています。つい数週間前は6,000円を割るまで下落していたのですが、ここ2、3日で1,000円以上の上昇。7,000円を超えてきました。現在、ソフトバンクグループが日経平均を引っ張っている展開です。ソフトバンクグループは中国市場の落ち着きで悪材料が出尽くしたのとドイツテレコム株取得のニュースが効いているようです。これから注目すべき点は、自民党総裁選の立候補者の経済政策とアメリカの景気です。特に米国株はこれまでコロナの収束で景気が上向き、株価も上昇を続けてきましたが、デルタ株の蔓延でコロナが再び広がりつつあります。米国株は一時的に大きく落ち込む可能性がありますので、それまで日経平均株価とソフトバンクグループ株がどこまで上昇できるか期待したいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です