貯金は敵だ!?投資のススメ

 日本人って倹約的ですよね。中国人やアメリカ人なんかと比べるとずいぶん、節制しているように思えます。まぁ30年前にバブル崩壊を経験してますからその影響もあるのでしょう。ただ、中には豪遊されてる方や、お金持ってます感があふれてる方をちょくちょく見かけます。キャバクラやホストクラブで飲みもしない1本数万円はするドンペリをバンバン空けて豪遊するシーンをテレビやユーチューブで見たことがある人も多いのではないでしょうか。お金を使って経済を回していると考えることもできますが、SDGs(持続可能な開発目標)が叫ばれている、昨今においては、なんだか違和感があります。そうゆう意味ではやっぱり倹約家がいいのではと思ってしまいそうです。でも、節制して、貯金ばかりすると、経済が回らないのも事実です。

 昔は、銀行が預金(貯金)を元手に企業や起業家に、気前よくお金を融資していたので預金(貯金)はある意味、起業家にチャンスを与えるきっかけになっていたともいえます。しかし、今では昔ほど銀行は簡単に融資してくれません。この10年金融緩和で銀行にお金がジャブジャブあるにもかかわらずです。まあ貸した金がかえってこなけりゃ、もともこもないので、貸したいけど貸せないというのが本音でしょうけど。

 そこで、筆者は言いたい。皆、貯金せず投資しよう!投資は、企業や起業家に資本を提供できます。日本の経済発展のカギはまさに投資が握っているのです。当然、投資にリスクはつきものです。ダメだった場合、少しでも世の中に貢献できたと思い、あきらめましょう。

あっ、僕のソフトバンクグループの株価が…(‘Д’)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です